豆腐
豆腐は今や世界各地で食される健康食品であるが、日本にはまだ海外で知られていない様々な種類の豆腐がある。 最も一般的な昔からの豆腐が「木綿豆腐」、絹のようになめらかな「絹ごし豆腐」、「凍み豆腐」は、豆腐を凍らせることで水分をとばし乾燥させて栄養素を凝縮させたもの。 和歌山県の高野山で作られていたことから「高野豆腐」の名前でも知られている。高野山は近年、海外からの旅行者にも人気の場所である。 日本での豆腐の食べ方としては、冷やした豆腐に薬味を乗せて食べる「冷奴」。温めて食べる「湯豆腐」、これは京都の名物である。油であげたものを「おあげ」と言い、多くの料理に使われている。

創作ダイニング 和魂